コミュニケーションとチーム力を探求する!貿易ゲーム体験ワークショップ

チームや組織は何のためにあるのでしょうか?
そして、そのチームや組織が最高に力を発揮しているのは、どういう状態でしょうか?

経営学者のバーナードは、組織が成立するための要素として、①共通目的、②貢献意欲、③コミュニケーションを挙げています。

実際に、私たちは企業、NPO、官公庁、病院、学校など様々な組織において、組織の目的・目標に向かって協働しています。そしてそこで重要になるのは、どういう役割を担いながら、お互いにコミュニケーションをとっているか?です。

そこで今回、ゲームを通して、個々人がチームにどう関わっているのか、チームはどう機能しているのかなどに気づき、よりよい職場づくりに役立てていただくためのワークショップを実施します。

今回実施するのは、国際理解教育などで活用されている「貿易ゲーム」です。
渡されたものを使って製品をつくり、それをマーケットで売って稼ぐお金を競うというゲームですが、ゲームを通して多くの気づきが得られます。

・自分は周りの人とどうやって協力しているか?
・どうやって人と交渉したり、人と関わりを作ったりしているか?

という、個人のコミュニケーションスタイルが丸わかりになるだけでなく、

・成果を出せるチームはどんな風に協働しているのか?
・効果的な戦略やクリエイティビティの高さはどんなところから生まれるのか?

について、体験を通して理解することができます。

今回は、小中学校のキャリア教育の現場や企業研修などで積極的に「貿易ゲーム」を取り入れている柴田朋子さんを講師にお迎えして実施します。

こういう講座では、体験からの気づきをどう活かすかという深い学びを促進することが重要になるため、柴田さんのワークショップでは、ゲーム後の振り返りを重視します。ちなみに、柴田さんのスタイルは「見逃さない」「逃がさない」「とことん」の少しスパイシーなフィードバック(笑)
「やらないと絶対にわからないけど、やると学びが深く、やった後1ヶ月経ってもじわじわと気づきが来る」と評判です。

ビジネスの場ではもちろん、部下育成でも、親子の会話でも、あらゆる人間関係に役立つ体験ができると思います。

体験からの学びを活かすため、ゲームについての詳細は事前に検索せずに、ご参加ください。

【こんな方にお勧めです!】

・チームや職場のコミュニケーションをよりよくしたい方
・ご自分のコミュニケーションの癖に気づき、改善したい方
・企業研修や職場で活用できる手法を体験してみたい方
・戦略思考や交渉力を試したい、高めたい方
・人のコミュニケーションに関心のあるすべての方

【講師プロフィール】

4565_柴田.jpg

柴田 朋子

キャリアコンサルタント(国家資格)GCDF-Japan キャリアカウンセラー、金城学院大学非常勤講師 愛知工科大学非常勤講師
公務員のキャリアデザイン研修(参加者所属自治体数50超)、企業研修(女性キャリア、キャリアデザイン、コミュニケーション)、キャリアカウンセリング、キャリア教育(小中学校)
株式会社リクルート(現・リクルートキャリア)でとらばーゆ編集チーフなど16年勤務。
瀬戸市役所で広報、国際交流、税務、産業分野で13年勤務する傍ら「公務員のためのキャリアデザイン学習会」を立ち上げ活動後、独立開業。