【開催延期】ライフストーリーインタビュー・ワークショップ「ライフストーリーを語り、描く1日」

※このワークショップは、都合により開催延期となりました。次回開催は2月を予定しております。

医療の世界から始まったナラティブ・アプローチは、最近では組織開発やキャリア開発の分野でも積極的に取り入れられています。

このナラティブ・アプローチと中心的な概念が重なる、ライフストーリー・インタビューは、質的研究・調査法の一つとして心理学、社会学など様々な学問領域で活用されてきました。

今回のワークショップでは、このライフストーリー・インタビューをベースに、ドローイングやコラージュなどの表現アートセラピーの手法を組み合わせ、ライフストーリー絵巻を制作したいと思います。

過去と他人は変えられない。変えられるのは自分と未来。

とよく言われますが、自分自身の人生を振り返って語ることで、起こった出来事は変えられなくても、過去の意味(受け取り方)を変えることはできます。それによって、現在と未来の可能性を、より広げることができるのです。

語り、聴き、書き、描き、対話する1日を通して、これからの毎日をさらに豊かなものにしませんか。
1日が終わったとき、自分自身の生きてきた時間がこれまでと違って色鮮やかに感じられることとと思います。

sRIMG2410.jpg

sakuhin.jpg

【主な内容】
・ウォーミングアップ(ドローイング、コラージュ作成)
・ライフストーリー・インタビュー
・ライフストーリー絵巻制作
・共有ダイアログ

★こんな方にお勧めです。
・ライフストーリー・インタビューを通して、自分の可能性をより広げていきたい方
・言葉だけのアプローチでは得られない、右脳的アプローチの可能性を体験したい方
・対話を通して新たな意味が生まれる生成的なワークショップを体験したい方

【ファシリテーター】

image.jpg大前 みどり

ダイナミクス・オブ・ダイアログLLC パートナー
一般社団法人フロー・インスティテュート理事/e-five planning代表


(株)アントレプレナーセンターで、自立型人材育成、起業家支援、地域活性化支援に関わり2009年に独立。ヤクルトやヤマト運輸など、企業を対象に"感動体験ムービー"の制作及び理念浸透コンサルティングを行っている。これまで40社以上の様々な業界での実績があり、日経ビジネスや日経情報ストラテジーなどでも取り上げられる。

また、「対話の場を通して、自らの行動で社会をよりよく変えられると思う人が増えること」を目指して、対話の場をつなげるイベント「ワールド・カフェ・ウィーク」を2009年に立ち上げ、現在のダイナミクス・オブ・ダイアログLLCにその活動を引き継いでいる。2010年にはフロー・インスティテュートを立ち上げ、イキイキと働く人であふれた組織を増やすための活動に努めている。
現在は3つの事業を運営しながら、元来の直観力、企画力、実行力を活かし、様々な想いやビジョンを形にするプロデューサー&組織や地域の一人ひとりの力を引き出すファシリテーターとして活動している。日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー、生涯学習開発財団認定 ワークショップデザイナー。