対話を見える化する!グラフィックファシリテーション1Dayワークショップ

ワールドカフェというのは模造紙に「落書き」風に対話の内容を書き残していく手法ですが、参加者としていざペンを手にしてみると、落書きといってもキーワードや短いセンテンスを書いたり、矢印を引いて丸や四角で囲むくらいという方は多いのではないでしょうか?またホワイトボードを活用した会議等でも同様ではないかと思います。

様々なグラフィックを活用して、もっとイキイキとした、人の印象に残るような記録を残したい!という気持ちはあれど「私は絵がヘタなんで・・・」と描く前からあきらめている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回、クリエイターを養成するバンタンで長年人材育成に関わり、現在はグラフィックファシリテーターやシステムコーチとして活動をされている山田夏子さんにお越しいただき、そんな人でも活用できるグラフィック・ファシリテーションのワークショップを行っていただきます。

natsuko.JPG

人が対話をするのは、何かを共有したり、共通しているものを発見したり、みんながのぞんでいる未来に向かうため。そんなときにグラフィックを活用すると、目に見える現実レベルでの結びつきだけでなく、感情や願いや想いなどお互いの心情的な強い共感が生まれ、人と人の関係性を深めることにつながります

また、Amazonのベソス氏は社内でのパワーポイントの使用を禁止していますが、一方的なパワーポイントによる営業活動やプレゼンテーションでなく、目の前のクライアントと関係性を築きながら、一緒にニーズを具現化していく時に、グラフィック・ファシリテーションの力は大変有効となります

今回は、

1、対話を構造化する
2、対話を活性化する

という2種類のファシリテーションやレコーディングの解説に加えて、特に2の「対話を活性化する」ために、その場で話されている言葉をグラフィックに落とし込むときや、言葉や形になっていない「場の感じ」を表現するコツなどをお伝えいただきます

また、実際の対話のシーンをレコーディングする山田夏子さんのデモや、参加者同士でお互いの対話をレコーディングする実践トレーニングなども加えた、充実した内容の1Dayワークショップになっています。

IMG_4357-thumb-400x300-907.jpg

これだけ実際の経験に基づいた内容を、わかりやすく、そして実践的に体験できる機会は他ではそうありません。

ぜひお早目にお申し込みください。

<対話を絵に起こすことのメリット>

・話の内容が見える化できる
・話の内容が分かりやすく伝えられる
・議論が活性化する&大胆になれる(発言、発想が自由になる)
・議論のテーマやプロセスが見える(ギャップやヌケモレも分かりやすい)
・議論を共有&共感できる(一体感、自分も議論に参加していた感が高まる)
・議事録よりも読んでいて楽しい。読みたくなる。雰囲気も伝わる
・記憶を定着させやすい

より実践的なトレーニングができるアドバンス編を翌月11/23(木・祝)に開催予定ですので、あわせてご検討ください。
感じ取る力&構造化する力を鍛える!グラフィックファシリテーション・アドバンス編
https://world-cafe.net/event/post-85.html

【対象】
 ● グラフィックを活用したファシリテーションや営業活動に興味のある方
 ● 会議や研修にグラフィック・ファシリテーションの導入を検討されている研修企画や人事担当者
 ● 対話の手法や場を活用して、よりよい組織や社会をつくっていきたいと思っている方

【ファシリテーター】

natsuko_tate.jpg

山田夏子(やまだ・なつこ)さん

株式会社しごと総合研究所 代表
クリエイティブトレーナー/ファシリテーター、アートコーチ
クリエイターを養成するバンタンにて約11年間、スクール講師、スクールディレクター、各校館長を歴任。デッサンやアートトレーニングの授業から、ヘアメイク・ビジュアル・インテリアのスクール管理、人事にて社員教育に携わり、輩出した卒業生は1,500人を越える。その後、人材ビジネス部門にて、クリエイターのキャリアカウンセラー、コーチ、スキルUPトレーナーとして、社内外にて活動。現在は独立し、感性開発を軸としたチームビルディング研修やリーダーシップ研修、プロジェクトファシリテーション、教育コンサルティング等を主な活動としている。