5/29(火)私達を成長させる『ゲーム・漫画』について語ろう!ワールド・カフェ

漫画やゲームが人や社会に役立つ可能性を感じる人達が集まり自由に対話するイベントです。
 一般的に、漫画やゲームの娯楽性は知っていても学習教材として認識している人は多くないと思います。
 確かに漫画やゲームには娯楽性があります。
 しかし、それ以上に教訓を得られる事もあるのではないでしょうか。
 特に世界中で翻訳される日本のゲームや漫画は学習教材としても秀逸です。
 
 秀逸なゲームや漫画は年齢や性別を問わず幅広い層に支持されています。
 例えば、ファイナルファンタジーシリーズやONE PIECEなどは言語や文化の壁を越えて世界中に数多くのファンを獲得しています。
 あなたも過去にゲームや漫画に助けられたことが一度くらいはありませんか?
 私は普段、企業や行政機関で働く人達のメンタルヘルス教育をしたり就活生を対象としたキャリアカウンセリングをしています。
 やり取りの中でゲームの楽しさや漫画の世界観が共通言語を生み出し、モチベーションの向上やストレスの対処行動に役立つことがあります。
 現実の世界では上手く話せない人がオンラインゲームで揚々と会話したり漫画の登場人物を共有する事で学習意欲が高まったりすることがあります。
 勿論、私はそれらの効果を実際に検証したり研究している訳ではありませんが、漫画やゲームのノウハウを体系化したり知識や技術を教育の現場に応用したり、また社会変革に活用できると考えている専門家は数多くいます。
 例えば、
 少年漫画スラムダンクを題材にチームを勝利に導くメソッドが書かれた「スラムダンク勝利学」という書籍があります。
 世界で最も有名なゲーミフィケーションの専門家マクゴニガルは、ゲームの力が社会を変革させると提唱しています。
 シリアスゲームの著者藤本徹氏は、ゲームを学校教育に応用する研究を行っている専門家の一人です。
 私は、ゲームや漫画には私達がより成長する為に役立つヒントが沢山あると考えています。
 現実とは異なる世界に没入した経験、または幻想的な物語から得た学びを一緒に共有しませんか?
 今回は、ワールドカフェという対話の手法を用いて参加者全員で話し合います。
 お集まりいただいた皆さんと一緒に「私達をより高みへと成長させるヒント」を探索・発見できると幸いです。
【対 象】
 ゲームや漫画を教育に使える可能性を感じる人
 ゲームや漫画に没入した経験がある人
 ゲームや漫画の存在に助けられた事がある人
 ゲームや漫画のお蔭で成長した人の話を聴きたい人
 ゲームや漫画で自分自身が成長した話をしたい人
 
 上記のどれか一つでも該当すると思う人は、ぜひ会場へ足をお運びください。
【日時】
2012年529日(火)19:00~21:30 (18:40受付開始)
会場】
 豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと 会議室B1
 ライズアリーナビル 3 F
 東京メトロ 有楽町線 東池袋駅 6・7出口より直結
【内容】
1.自己紹介
2.ウォーミングアップ
3.ワールドカフェの体験
4.振り返りと共有
5.ハーベストとネクストステップ
【参加費】 3,000円(税込、当日受付にてお支払ください)
【定員】 20
【ファシリテーター】
坂井 裕紀 (さかい ひろのり)
ダイナミクス・オブ・ダイアログLLPパートナー
(社)日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
JIPPC認定 プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー
全国各地の企業や行政機関、または病院や学校などで働く人達を対象にメンタルヘルスの講義やワークショップをこれまで1,000回以上実施。のべ10,000人以上の人材育成と組織の活性化に貢献。また、コミュニケーション活性化の為に企業や市民団体に積極的にワールド・カフェやOSTを実施。受講者の成長を促進させる関係性を第一に考え、インタラクティブ(双方向)コミュニケーションの取れる場の設計と運営を行う。好きな言葉は「円転滑脱」。
主となる研修提供先:KOMATSU,(独)鉄道・運輸機構,NTT-ME,富山県生活協同組合,等。
著書「金融機関職員のためのストレスマネジメント」近代セールス社(2009)
【お申込み】
下記フォームより必要事項を記載の上、お申込みください。
【お問合せ】
運営事務局まで