人間関係づくりのためのラボラトリー方式体験学習

ラボラトリー方式の体験学習とは、人と人がかかわりながら、そこで起こる体験を通して学ぶことを大切にした学習方法です。

その場で実際に行われたこと、話されたことなどの「コンテント(内容)」だけでなく、かかわりのなかで起こっていることなどの「プロセス(関係的過程)」に気づいて、わかちあうことで、共に学んでいくことをねらいとしています。この「コンテントとプロセス」は、氷山の見える部分と見えない部分に例えられます。

iceberg-g0dc5c6d9d_1280.png

今回は、「コンセンサス実習」のあと、丁寧に「プロセス」をふりかえり、相互フィードバックを通して、自分自身のコミュニケーションスタイルの傾向に気づき、よりよい人間関係に役立てていけるような機会になればと思っています。
オンラインで行う実験的な試みです。積極的によりよい場づくりに協力いただける方のご参加をお待ちしております。
進行役:ダイナミクス・オブ・ダイアログ 大前みどり