哲学対話を楽しむための"問いかける"トレーニング

哲学対話の場が「いろいろな人の考えを聞けて楽しかった!」「やっぱり人それぞれだね~」だけで終わることなく深まっていくためには、参加者それぞれの「問いかける力」が重要になってきます。

対話のなかで問いが重なっていくことによって、わかった気になっていること、わからないことが明らかになり、共により本質的なところまで考えていくことができるからです。

そこで、「対話のなかで問いかける力」をトレーニングする機会を設けたいと思います。

当日は、演習を通して様々な角度から問いかけることに慣れていきます。
いわば「問いかける筋トレ」です。

※今回は、「私たちはどのように"問いかける"ことに慣れていけるのか?」という実験的な試みとなっております。

積極的によりよい場づくりに協力いただける方のご参加をお待ちしております。

<内容(予定)>

1.質問ゲーム
2.問いのタイプと問いを考えるヒント
3.問いノック(意見を読んでできるだけ多く問いをつくる)
4.問いリレー(リレー式に問いをつなげていく)
5.哲学対話(意見を言うグループと問いかけるグループに分かれて)
6.感想の共有
進行役:ダイナミクス・オブ・ダイアログ 大前みどり
question-mark-g2c6a09326_1920.jpg