『レゴ®シリアスプレイ・ワークショップ』~Real Time Strategy for Team. ゼロからのチームづくりを体感する!~

人気シリーズの「レゴ®シリアスプレイワークショップ。
今回も「ゼロからのチームづくりを体感する!」がテーマです。

偶然集まったメンバーが、混乱から統合を経て、理想のチームに変化するプロセスを、
"Real Time Strategy for Team"というシリアスプレイのプログラムを応用したセッションで体験します。

仮想のプロジェクトを通じて、リアルタイムでチームを作っていくプロセスを体感し、対話することで、職場の組織づくり、チームづくりに活かしていただくことが目的です。

今回もワークショップを担当していただくのは、LEGO®SERIOUS PLAY 公認ファシリテータ 蓮沼孝氏(株式会社ロバート・ラスムセン・アンド・アソシエイツ代表取締役)。

通常1日じっくり時間をかけて行う内容を、2.5時間で体験いただける内容となっています。
この機会にぜひ体験してみてください!

●レゴ®シリアスプレイとは?

レゴ®シリアスプレイは、スイスのIMD、米国のMIT Media Lab、Tufts大学等の協力を得て、2001年、デンマークのレゴ社が開発した手法です。外部や内部環境が変化する中で、自社の未来、ビジョン、目標を創り、リアルタイムでアクションプランや戦略を構築する道具として開発されたものです。

ビジネス上の問題解決には、論理を尽くした議論を優先しがちです。各人の感性:「心」で考え直し、感性で捉えたことをまた論理で考えてみる、この相互作用が問題解決を効果的に促進します。

シリアスプレイ™は、遊びと学びの融合の中に、問題解決のプロセスを巧みにおり交ぜた、「新しい学びの道具」といえます。大人でも子供でも、世代や上下関係を超えて、参加できるのが特徴です。

チームの個々人が、自分の考えを素直に表す、また、他のメンバーから、多角的な視点で自らの考えに啓発を受けるのが最初のステップです。チーム全体が、このプロセスを共有することにより、個々人の考えを、次元の高い、ダイナミックな考えへ統合・昇華することができます。

これまでNASAを初め、戦略コンサルティング会社、シンクタンク、広告代理店、医療機器・製薬メーカー、エンジニアリング会社、商社、大学・大学院等において活用されてきました。

様々な企業での活用事例はこちら≫

sRIMG0307.jpg

sRIMG0309.jpg

sRIMG0371.jpg

sRIMG0382.jpg