2010/06/30

5/29 What's your way? ワークショップ~自然の中で自分なりの道を確かめよう~ 開催レポート (主催:(株)ディー・キューブ、コア・クリエーションズ)

開催概要

●イベントタイトル: What's your way?ワークショップ
●団体名: コア・クリエーションズ&(株)ディー・キューブ
●日時: 5月28日(金)18:30~ 5月30日(日)14:30
●場所: 天河神社 参集殿 および 民宿びわ
●会費: 宿泊費、食費、会場費込み38,000円
●参加人数: 9名
●スタッフ人数(参加者に含めず): 4名


ワールド・カフェの内容

●テーマ: What's your way?~自分なりの道を確かめる
●ラウンド数: 3回
●問い: 
(1,2ラウンド目) 自分なりの道を進んでいる人たちが創る世界とは、どんな世界でしょうか?
(最終ラウンド)自分の地図を持っているときのあなたの人生の旅は、どんな旅ですか?

●工夫したこと:
・自然の中で、そして神社の参集殿で床に模造紙を広げて行ったことにより、参加者がリラックスして自由な気持ちで参加できたこと
・宿泊型ワークショップの初日にワールドカフェを開催することにより、参加者同士が早い段階でリラックスした関係性をつくることができ、その後の2泊の間にも継続して対話を深める余韻を残せたこと


当日の様子

18:20に集合し、温泉に入り、食事を終えた後で、ワールドカフェを開催。はじめに、ワークショップのテーマである「What's your way?」に沿って、「森の地図」という絵本のストーリーを紹介し、その後ワールドカフェとなりました。深く考えたり、さまざまな議論が出たり、参加者の個性が発揮されていき、3ラウンド目には、模造紙の中心を破るという表現方法も出現。床に座っての開催だったため、子供心や自由な感覚も発揮されていきました。

画像 089-1.JPG


画像 091-1.JPG


画像 092-1.JPG


画像 099-1.JPG


参加者の感想

(ワークショップ全体の感想になってしまいますが)
・3日間とても楽しく過ごすことができました。誰が何をしても自由な雰囲気は、大江さんならでは、という感じでした。

・週末は素敵な時間をありがとうございました。これまで歩いてきた道を振り返り これから歩いていく道を決める 今 そこに出逢う時間でした。それぞれの想いがあってこそ そして みなさまの想いがあってこそ ありがとうございました。
 
・皆さんのおかげで、楽しく充実した時間を過ごせました。天河での深い体験が、これからの自分の生活に、どんな変化を起こすのか楽しみです。
 
・この度のワークショップではお世話になりました。今は天河での体験を少しずつ統合している時間を楽しんでいます。なぜか昨日から言葉やアイデアが次々と自分の中から湧き出てきて仕方ないです(笑)。もう「気づき」を超えて「発想」になってます^^
 
・ワークショップに参加して以来、時間に追われて生活することが益々できなくなり、好きなことしかしなくなりました。そして、時間を決めて合気道と水泳にいけずに寝てしまったところ、今度は普段は行かないところで蛍の群れに出会いました。 本当の自分に近づけば近づくほど、自分の本当の自我が現れるのだと、自画自賛している自分に気づきました。

・様々なことに対して体感・実感することができたワークショップだったと思います。自らが自然や自分を超えた大きなものの一部であること。普段閉じている感性があること。世界的な、時代の問題を当事者として感じること。全ては偶然ではないこと。頭で知っていたことを、体で感じることができました。


主催者の感想

宿泊型ワークショップの初日にワールドカフェをすることで、初対面の人と同室で宿泊する際の緊張感がなくなり、リラックスして過ごしていただくことができました。

次回への意欲としては、今回は当日の状況により予定を変更し、2回目のワールドカフェ開催を見送ったため、こうしたワールドカフェを、2泊3日のうちに後1回開催したいと思います。一方で、自然の中にせっかくいるのだから、対話を深めるよりも自然を満喫した買ったと言う意見もあり、どの程度のボリュームで対話時間を含めるか?にその場その場の対応が必要と感じました。さらに、戸外での対話という工夫ができると思います。

また、今回のワールドカフェでは、対話を統合する時間が少なくなりましたので、次回同じように行う際には、集合時間を早めるなどしてワールドカフェに割ける時間をあと30分長く確保したいと思います。 自然の中での開催は、やはり参加者側の発想が自由に柔軟に枠を超えていく感覚がありました。  

全体を通したアンケートによると、3日間のうちで印象に残っていることとしてワールドカフェは出てこず、その後の自然に触れる体験や、非言語(沈黙)の体験、チェンジザドリームシンポジウムがより印象的だったようです。従って、今回のワークショップにおけるワールドカフェの位置づけは、3日間に対するオープニング・フレームとしての問いと、アイスブレークと言った形になったのではないかと思います。


2010/06/30