【レポート】7/9 ストーリーテリング・カフェ~本当の自分を生きるって?~

開催概要

●日時  :2013年7月9日(火) 
       1部 ストーリーテリング 19:00~21:00 
       2部 懇親会 21:00〜22:30
●場所  :秋葉原・末広町 カフェ トリオンプ
●ゲスト :ソングレターアーティスト 安達充さん
       パーソナルクレド作家 冨永のむ子さん
       サイキック・カウンセラー 坂本敬行さん
●食事  :ツナガルCafe運営 松野薫さん
●コーディネーター:ダイナミクス・オブ・ダイアログLLP 大前みどり
●参加人数:15名


ストーリーテリング・カフェ〜本当の自分を生きるって?〜 初開催

7月9日。ダイナミクス・オブ・ダイアログでは、初の試みとし、都内のカフェで【ストーリーテリング・カフェ】を開催しました。

sign.png


ゲストのストーリーを聴き、「本当の自分を生きるため」の智慧を得る

様々な転機や紆余曲折を経て、自分で自分の人生を切り拓いてきたゲストのお三方に、これまでのライフストーリーや、今のお仕事、本当の自分を生きるための人生からの智慧を語っていただきました。

今回のストーリーテリング・カフェは、その場だからこそ伝わることが多く含まれています。そのため、雰囲気を感じ取っていただけるような写真にて報告させていただきます。

rooms.png


安達充さん(ソングレターアーティスト)のストーリー

安達さんは、たった一人のために曲を贈る「ソングレター®」を独自の作曲スタイルとしてお仕事をされています。しかし、音楽の仕事をされたいと思いながらも、以前は資格教育の会社やガテン系のお仕事をされていたそうです。

そして、光がさしたのは、悩みを抱えた女子中学生、一人だけのために曲をプレゼントしたことからはじまるそうです。一人のために曲を贈るというスタイルが確立したのは、これがキッカケだそうです。

安達さんの言葉「自分の思い通りに人生がいくということを手放してみた。そして、まずは自分が与えることで、人生が切り拓かれていく」は、とても印象的でした。また、安達さんのユーモアのある話に、笑いもおこり、和やかに進んでいきました。

adachi.png


冨永のむ子さん(自分の神話ナビゲーター/パーソナルクレド作家)のストーリー

のむ子さんは、パーソナルクレド作家として、たった一人のためだけに物語をつくっていらっしゃいます。

以前は、求人広告のコピーライターディレクターとして10年間勤務していたそうですが、外からの評価を追い求めるあまりに、空虚な自分に気づき、自分にしかできないことをしたいと退職。その後も、起業の挫折や産後うつなどを経験されたそうですが、自己と向き合い、自分の人生を肯定できた瞬間に、自分のシンボルとストーリーが動画となって浮かんできたという話をしていただきました。

「自分のチカラだけでなく、人生において起きることがギフト。そのまま受け取ってみてはいかがですか?」「一歩踏み出したら何が起こるか分からない。でも運を天に任せてみる、そしたら予測できない、これ以上のことが起こる」とおっしゃった、のむ子さんの言葉が印象的でした。実際に、人生を肯定できた瞬間から、のむ子さんの人生は大きく好転していったそうです。

静かで、そしてパワフルな、のむ子さんの空間に包まれた時間でした。

nomuko.png


坂本敬行さん(サイキック・カウンセラー)のストーリー

坂本さんは、生来のサイキック能力で、カウンセラー、コンサルタント、ヒーラーとして、紹介制で個人セッションを受ける他、ワークショップなどを開催されています。 魂をエンパワーメントする独自のスタイルで、直感、サイキックリーディング、チャネリングを駆使して、魂の目的を生きるためのアドバイス、コンサルティングを行っていらっしゃいます。

現在は、サイキック能力を活かし、仕事をされていますが、その能力ゆえに中学生の頃は辛い思いをされた経験や、遮二無二に、身体を壊すまで働いていた20代の頃のエピソードも話してくれました。

坂本さんは、最後ご自身のことを「鎧を脱いで、自分のストーリーを生きる」ということと、使命として「ひとり一人の魂を、社会の枠組みではなく、内から湧いてくるものに従って生きるサポートをする」という話をされました。ストレートな表現からは、坂本さんの揺るがない気持ちを感じ、とても印象に残りました。

sakamoto.png


自分のストーリーを語る


ゲストの三者三様のライフストーリーを聴いた後は、参加者の皆様の番です。ゲストの話に触発され、「今の私を形づくっている転機のストーリー」を語り合っていただきました。

guest1.png


安達充さんの音楽にのせて...


そして、最後は安達充さんの音楽にのせて、四人の参加者の方がご自身の大切なストーリーを語っていただきます。安達さんが即興でピアノを弾いていただけるのは、内緒にしていたので、皆さんビックリです。しかし、ビックリされながらもとても喜んでいただきました。

guest2.png

guest3.png

guest4.png

guest5.png

また、最後には安達充さんがこの会のためだけに即興で曲のプレゼントをしていただきました。それぞれのストーリーが出逢い、ストーリーが重なり合う、とても豊かな時間になりました。


懇親会;美味しい料理とお酒を飲みながら語り合う

ストーリーテリング終了後の懇親会では、ツナガルCafe運営の松野薫さんによる、有機野菜や雑穀、発酵食品たっぷりのこだわりの手づくり料理の数々と、オーガニックワインやオーガニックビールで、さらに対話が深まりました。

food.png


予告:8月3日、4日 本当の自分を生きるワークショップ開催

今回は、ストーリーを語る会でしたが、続編として、「本当の自分を生きることを探求する」2日間のワークショップを開催します。今回、ストーリーを語っていただいたゲスト3人とコーディネートをした大前みどりさんの4人の講師でお届けするワークショップです。

ご興味ある方は、こちらへ...


文責:DOD パートナー 折口みゆき