【レポート】7/11 「今、なぜワールド・カフェなのか?~The World Cafe on World Cafe~」開催報告

開催概要

●タイトル:「今、なぜワールド・カフェなのか?~The World Cafe on World Cafe~」
●主催: ワールド・カフェ・ウィーク実行委員会
●日時: 2010年7月11日(日) 10:00~13:00
●場所: 東池袋あうるすぽっと
●会費: 2,000円
●ファシリテーター: ワールド・カフェ・ウィーク実行委員 坂本敬行
●参加人数: 30名 (スタッフ含む)
●テーマ: 「今、なぜワールド・カフェなのか?」
●ラウンド数: 映像+事例紹介+4ラウンド+全体シェア

●問い
・なぜワールド・カフェに興味を持ったのか?
・ワールド・カフェには、どんな可能性があるか?(経験談も含めて)
・今、なぜワールド・カフェなのか?

●問いの意図
今、日本に限らず、様々な地域で、企業で、ワールド・カフェの手法が広く注目され、取り入れられているのはなぜか? ワールド・カフェ初体験の人から既に経験されている人まで幅広く参加しやすいようにと考えました。

「なぜ?」という問いを立てるとついつい原因分析、問題解決のように理屈っぽくなってしまう可能性がありました。そこで、参加者全員が対話の中で探究していくために、まずは参加した人たち一人ひとりの動機を共有し、対話の中でさらに深めていただくことから始めようと考えました。そのうえで、ワールド・カフェに関する実体験や感じている可能性を語りあうことで、ワールド・カフェという対話の手法について深く考えてもらうように問いを企画しました。