あなただけのキャラクターと共に旅をするヒーローズジャーニーWS~マインドフル・ジャーニー外伝~

本当の自分を生きたいと希求する人は、マスターやティーチャー、様々な教えやメソッドを学び、自己を探求しています。しかし、多くの人が、壁にぶつかります。

「日常生活の文脈では、なかなか本来の自分を生きることができない。」

「今のままではまずいと思うけど、(諸々の理由から)現実的に何かを変えるのは難しい。」

それは、なぜでしょうか?

神話学者ジョゼフ・キャンベルのヒーローズジャーニーは、彼が研究した世界中の神話や物語を通して、私たちの人生にインスピレーションを与えてくれる想像的かつユニークな考え方のひとつです。

今回は、ヒーローズジャーニーから得られるインスピレーションをもとに、内なる本当の自分の声に触れながら、自分自身の様々な可能性に触れ、それらをどう日常に活かすか、五感と直感をフル活用する1日を過ごしてもらいたいと思います。

日常的な文脈で、あなた自身が冒険へ出るイメージをするのは、皆さんが抱える現実的な問題や乗り越えるべき課題に阻まれて、なかなか想像しにくいことかもしれません。

そこで、皆さん自身のオリジナルのキャラクターを創造し、タイムラインを使って、その想像的キャラクターと共に旅に出るプロセスを歩んでもらいます。

誰もが、本当は感じていること、思っていることがあるのに、現実的には、本音、本心を見て見ぬ振りをしてしまうことが多々有ります。

このワークを通して、あなた自身の本音、本心に気づき、現実世界でどう実践するかイメージを膨らませましょう。プロセス全体と個人ワーク、グループワークを通して、多くの可能性に気づき、持ち帰ってもらいたいと思います。

ーーーーーーーー

<ワークショップの進め方>「いま、ここ」を実感する場

参加者の状態や当日の流れによって、「いま、ここ」をもっとも実感できる場を共創していきます。

①キャラクターを創造し、自分自身で気づいていること、気づいてないことを知り、新たな自分の可能性を発見する。
②キャラクターの想像を膨らませ、自分自身の現状や囚われてる物語に気づく。
③ヒーローズジャーニーのプロセスに沿って、キャラクターの成長物語を体感する。
④キャラクターのヒーローズジャーニーを知ることで、自分自身が本当はどうしたいのか?どんな人生を送りたいのか?自分はどこへ向かっているのかを知る。
⑤講座全体のプロセスを通して、日常に帰ったとき、これからどのように生きていくか?を発見し、そのための準備をする。
⑥旅の仲間(参加者同士)と共にワークを行うことで、一人ではなく、多くの気づき、体験を共有する。

ーーーーーーーーーーー


be-511557_960_720.jpg


私たちが昨年から開催してるマインドフルジャーニーでは、「いま、ここ」にフォーカスしています。

〜以下、「マインドフルジャーニー: 古い殻を破り、新たな自分と出会うリトリート」イベントページより引用〜

●古くからある自分の殻に気づき、それを破るための第一歩は、自分を深く知ることです。
自分を知れば、「いま、ここ」の自分に気づき、新たな自分がはじまります。古い殻を破るには、普段使っていない感覚やインスピレーションを受け取り、内なる自分に気づいていく必要があります。逆に、目先の人生を変えようと焦り、HOW(方法)ばかり求めてしまうと、内面の変化やインスピレーションに気づかず、本来の自分と乖離していきます。GoogleやIntelのような企業が、マインドフルネスに取り組んでいるのも、時代の転換期を表す現象と言えるでしょう。そんな時代だからこそ、古い自分としっかりと向き合い、その自分を受け容れることで自ら古い物語を終焉し、次の自分へと一歩を踏み出すときなのです。

●「いま、ここ」を実感すれば、あなたのこれまでの世界の見方、考え方が変わります。
それによって、今までよりも自分らしく、自分の思うように生きることができるようになります。そのためには、自ら合意し、自己認識力を高めるために、より深く自分を知り、感じることです。日々の繰り返しの中では、気持ちや思考の切り替えがなかなか難しいかもしれません。だからこそ、日常を飛び出して、普段とは違う環境に身を投じることが大事です。

【対象】
・「いま、ここ」を生きたい方
・対話の場で「いま、ここ」を感じたい方
・直感で、このイベントに興味を持った方
・抑圧した内面と向き合い、解消したい方
・仕事における集中力や生産性、創造性を高めたい方
・他者との関係性をよりよくしたい方
・リーダーシップ、胆力を鍛えたい方
・観察力を磨きたい方
・対話を通して、変容のプロセスを体験したい方
・答えを求めるのではなく、プロセスを体験したい方
・もっと自分らしく生きたいと考えている方
・その自分らしさに気づき、日常で実践したい方



【ファシリテーター】


IMG_sakamotoss.jpg

坂本 敬行 (さかもと たかゆき)

ダイナミクス・オブ・ダイアログ LLP パートナー/Authentic Life Institute 代表

12年間で4社を経験し、人材育成、組織変革のプロジェクトリーダー、講師、ファシリテーターを数多く務める。4社で社内外の研修・ワークショップ受講者数はのべ1万人以上。1,000人規模の組織変革のプロジェクトリーダーなども務める。組織の現場において、人と組織の両面のアプローチから育成・変革をデザインし、学びから実践までの仕組みをコーディネートするのが得意である。個人の学びと気づきを日常で実践するためには、対話とシンプルな仕組みが必要であると考え、一貫して個人・組織の本質的な変容を引き起こすことにフォーカスしてきた。現在は、サイキック・リーディング、霊視など生得の能力を生かして、個人、組織において、個々が本来の自分らしさを取戻し、よりいきいきとした人生を送るためのエンパワーメントを行っている。


開催日時 2018年3月10日(土)10:00-18:00(9:45受付開始)
会場 東京体育館 第4会議室
http://www.tef.or.jp/tmg/map.jsp


JR中央線(普通)・総武線「千駄ヶ谷」下車徒歩1分
都営地下鉄大江戸線「国立競技場」A4出口

定員 16名(先着順、定員になり次第締め切り 最小催行人数4名)
参加費 18,000円
※再受講の方 15,000円
(消費税8%込、事前振込)

※お申し込み後、お振込みに関するメールが自動で送られます。
キャンセル規定 ワークショップ開催8日前を経過の後、お客様のご都合によりャンセルされた場合、下記の通りキャンセル料金をいただきます。なお、返金の際の送金手数料はお客様負担とさせていただきます。

・8日前までのキャンセル・・・・・無料
・7日前~4日前 ・・・・・・・・・参加費の50%
・3日前~当日、開催後・・・・・・参加費の100%
お申込み お申込み
お問い合わせ ダイナミクス・オブ・ダイアログ(DOD)事務局

お申し込みフォーム送信後、申込み内容確認と参加費お支払いに関する自動返信メールが送られます。1時間以上たってもメールが届かないという場合は、迷惑メールフォルダに入っていたり、何らかのエラーで届いていないという可能性がございますので、大変恐れ入りますが、お問合せフォームよりお知らせください。