リフレクションデザイン ワークショップ

チームワーク演習と対話を楽しみながら、リフレクションのスキルを磨くワークショップです。

研修における演習は、参加者を活発にし盛り上げる効果があります。
同時に、参加者が主体的に動き、学ぶ機会になります。


そこで必要になるのが「リフレクション(振り返り)」です。

サークルトーク_XS.jpg


旧来型の講義一辺倒のつまらない研修は徐々に少なくなり、演習を多く取り入れたワークショップ型も増加しつつあります。

それに合わせて講師のスキルは、話のうまさだけではなく「いかに受講者に考えてもらうか/学び取ってもらうか」というスキルも重要視され始めています。

参加者が主体的に学ぶ「リフレクションデザイン(振り返りの場づくり)」の重要性が高まっていると言えるでしょう。

果たしてあなたは自信をもってリフレクションデザインができているでしょうか。

このワークショップでは、演習を効果的に学びにつなげ、参加者が主体的に学び取るための

  • リフレクションの場のつくりかた
  • リフレクションでの「問い」をつくる力

を磨くことを目的としています。



【ワークショップ概要】

リコーで営業を経験し、後に同社の社員教育においてアウトドア系ワークショップのインストラクターを務めた田中基弘氏を迎え、ひとつの演習から様々な学びの果実を得るための視点とアプローチを、体験しながら学んでいただきます。

  1. 演習体験 : 田中氏のリードで、チームワーク演習を体験していただきます。参加者視点での演習体験です。研修での演習のレパートリーのひとつに加える事もできるかも?!
  2. 問いの創出: 学びにつながる問いって? 体験した参加者同士で話し合い、それぞれの体験の中からの学びを元に、目的に合わせた効果的な問いを設定してみます。
  3. 問いの実践: 作った問いを使って振り返りをしてみます。そこからうまく学びを得ることができるかどうかを試しながら、体験者の視点から問いを評価します。
  4. 問いを創出するポイント: 問いの実践を踏まえて、問いによる学びの違いや反応の違いを考慮しながら、効果的なリフレクションにつながる問いのポイント、リフレクションの要点を整理します。

【学習内容】

  • 学びは何か?
  • 気づきを促す問いを磨く
  • 観察の視点
  • 「振り返り」をデザインする

【こんな方にオススメ】

  • 研修講師を務める方、および予定のある方
  • ワークショップのファシリテーター
  • 演習のレパートリーを増やしつつ、その使い方、学びへの活かし方を手に入れたい方
  • "問い"にこだわる方

【ファシリテーター】

moto_tanaka_s.jpg田中基弘  

ジンコム合同会社 共同パートナー/チームビルディングファシリテーター

(株)リコーに入社、リコーラグビー部(現Black Rams)に選手・スタッフとして所属。 東京支店といくつかの営業所に勤務した後、セールス、技術セールス担当を歴任。 1999年よりリコーヒューマンクリエイツの研修講師。マネジャーとして、メンバー一人ひとりのパフォーマンスを発揮し成果を発揮するためにチームに何が必要か、を模索。「最強のチームとは目の前の現実から逃げないチームである」というコンセプトのもと、リーダーシップ研修を体系化。延べ2000人のビジネスリーダーたちが参加。リーダーのあり方に気づき、企業のリーダーシップとは何かに気づく場づくりに貢献した。 2013年、より多くの「最強チームづくり」に魂を注ぐために株式会社場活堂の立ち上げに参画した後、2016年にはジンコム合同会社の共同パートナーとなる。



shige_photo.jpg中川繁勝 

ダイナミクス・オブ・ダイアログ合同会社 パートナー
ギビングツリーパートナーズ株式会社 代表/人財育成プロデューサー

システムエンジニア、人財開発マネジャーを経て、現職。考える力とコミュニケーションの力をベースに、ビジネスの基礎力を養う各種研修を提供中。主な研修提供先は、SIer、電気通信、金融、重工メーカー、鉄鋼メーカーなど。「わかりやすい」との定評。「対話は学びにつながる」と考え、研修にも多くの対話の機会を導入。



開催日時 2016年6月20日(月) 19:00~21:30(18:40開場)

会場 豊洲文化センター 第6研修室(豊洲シビックセンター8F)
http://www.kcf.or.jp/toyosu/civic_map.html


東京メトロ 有楽町線 豊洲駅下車7番出口より徒歩1分
新交通ゆりかもめ 豊洲駅下車改札フロア直結

定員 20名

参加費 5,000円 (消費税込、事前振込)

※お申し込み後、お振込みに関するメールが自動で送られます。
 メール受領後、8日以内にお振込みください。

キャンセル規定 ワークショップ開催8日前を経過の後、お客様のご都合によりャンセルされた場合、下記の通りキャンセル料金をいただきます。なお、返金の際の送金手数料はお客様負担とさせていただきます。

・8日前までのキャンセル・・・・・無料
・7日前~4日前 ・・・・・・・・・参加費の50%
・3日前~当日、開催後・・・・・・参加費の100%

お申込み お申込み
お問い合わせ ダイナミクス・オブ・ダイアログ(DOD)事務局

お申し込みフォーム送信後、申込み内容確認と参加費お支払いに関する自動返信メールが送られます。1時間以上たってもメールが届かないという場合は、迷惑メールフォルダに入っていたり、何らかのエラーで届いていないという可能性がございますので、大変恐れ入りますが、お問合せフォームよりお知らせください。