イノベイティブなチームのための"踏み込む"コミュニケーション~レゴ®・シリアスプレイ®の技法と教材を活用したワークショップ~

※こちらのワークショップは、7/20(土)と同一の内容となっております。

今は、これまでのやり方の踏襲ではなく、時代や社会の変化に合わせた"イノベーション"が求められる時代です。
ですが実際の私たちは、例えばチームでミーティングをしていても、他者の反応を窺ったり場の空気を読みながら話したりすることによって「遠慮」してしまい、純粋な自分の考えを主張しないということが往々にしてあります。結果として、「みんながよい」と思うような「最大公約数的な」結論を出してしまうことが少なくありません。
そのような無難な解を求めている限り、イノベーションが生まれるわけもなく、組織も個人も変われないまま、変化の波に取り残されてしまうのではないでしょうか?


そこで、そんな無難なコミュニケーションから脱却して、イノベイティブな集合知を導き出すための、一歩踏み込んだコミュニケーションをとるためのワークショップを開催します。


イノベイティブなチームづくりのためには、まずメンバー一人ひとりから、それぞれが感じていること、考えていることを一歩踏み込んで引き出す必要があります。そして一歩踏み込むためには、「訊く」と「聴く」ということがキーになります。レゴ®・シリアスプレイ®の技法と教材を活用したワークショップでは、各自が創作した作品を通して話すことによって、相手が考えていること、感じていることに対して、たとえ本人がまだもやもやしている状態であっても、対話をしながら引き出すことができます。相手と直接対峙して話すとき、人は「どう思われるか?」ということに無意識に気をまわしてしまいがちですが、作品を介して対話をすることで、お互いに客観的に内面を見ていける状態になるのです。それが、ありきたりではない解を生み出し、メンバーのコミットメントを引き出すことにつながります。

こういった対話を経て出て来るアウトプットは、従来のものと全く異なります。そのチーム独特の、メンバーそれぞれの意見を反映した「特異解」であり、チームにとって重要な結論が導かれています。一部の人たちが満足しているだけで結果として誰もコミットメントしていない状態ではなく、メンバー全員の気持ちが入った当事者意識の高い結論が生まれるのです。これがイノベイティブなチームにとっては必須のプロセスです。

20170611_144149.jpg


今回のワークショップは、次のような流れで進んでいきます。

ステップ1 踏み込んだコミュニケーションのための「聴く」&「訊く」トレーニング
ステップ2 レゴ®ブロックを活用したイノベイティブな集合知の生み出しかた
ステップ3 全員が当事者意識を持ち、確実に行動へ移すためのコミットメント


このワークショップを通して、個人として、自分自身が潜在的に感じていることを深く内観できるだけでなく、踏み込んだ「聴く」&「訊く」コミュニケーションを活用することで、チームのメンバーの意見を反映しながら未来像を生み出し、全員がオーナーシップを持てるチームづくりに役立ちます。



対象:

・チームリーダー、部下とのコミュニケーションに困っている人
・人を巻き込む必要のある立場の方(課長、主任、プロジェクトリーダーなど)
・組織そのもののアウトプットを変えたい人
・効果的なコミュニケーションの方法を体験したい人



●レゴ®シリアスプレイ®とは?

20170611_144352.jpg

レゴ®シリアスプレイ®は、IMD、MIT Media Lab等の研究成果を踏まえ、2001年デンマークのレゴ社が開発した手法です。外部や内部環境が変化する中で、自社の未来、ビジョン、目標を創り、リアルタイムでアクションプランや戦略を構築する道具として開発されたものです。
ビジネス上の問題解決には、論理を尽くした議論を優先しがちです。各人の感性:「心」で考え直し、感性で捉えたことをまた論理で考えてみる、この相互作用が問題解決を効果的に促進します。
シリアスプレイ®は、遊びと学びの融合の中に、問題解決のプロセスを巧みにおり交ぜた、「新しい学びの道具」といえます。大人でも子供でも、世代や上下関係を超えて、参加できるのが特徴です。
チームの個々人が、自分の考えを素直に表す、また、他のメンバーから、多角的な視点で自らの考えに啓発を受けるのが最初のステップです。チーム全体が、このプロセスを共有することにより、個々人の考えを、次元の高い、ダイナミックな考えへ統合・昇華することができます。
これまでNASAを初め、戦略コンサルティング会社、シンクタンク、広告代理店、医療機器・製薬メーカー、エンジニアリング会社、商社、大学・大学院等において活用されてきました。

様々な企業での活用事例はこちら≫


【ファシリテーター】


蓮沼 孝 氏
( 株式会社ロバート・ラスムセン・アンド・アソシエイツ代表 )

ビジネスマンのキャリア開発、組織の改革、戦略策定に取り組む。九州・アジア経営塾にLEGO® SERIOUS PLAY®を使った経営幹部研修を導入。創造性開発や組織開発を促進するLEGO® SERIOUS PLAY®のポテンシャルに共鳴し、デンマークでファシリテータ資格を取得し、企業や大学でのプログラム共同開発・実践を行っている。三菱商事で国内・米国にて輸出入業務に従事後、グロービス経営大学院にて顧客開拓、論理思考や事業経営者養成のプログラム企画・開発、マレーシアの複合事業会社で事業統括に従事した経験を持つ。




開催日時 2019年9月28日(土)13:00~17:30(12:40受付開始)
会場 INBOUND LEAGUE 2F セミナールーム
東京都新宿区新宿 5-15-14
https://inbound-league.jp/access/
都営新宿線・副都心線・丸ノ内線「新宿三丁目駅」出口E1より徒歩2分
都営大江戸線「東新宿駅」出口A3より徒歩7分
JR各線「新宿駅」東南口より徒歩10分
丸ノ内線「新宿御苑前駅」出口3より徒歩10分
西武新宿線「西武新宿駅」南口より徒歩12分
定員 24名(先着順、定員になり次第締め切り)
参加費 12,000円 (税込、事前振込)

申込み受付メール受領後、8日以内にお振込みください。
キャンセル規定 ワークショップ開催8日前を経過の後、お客様のご都合によりャンセルされた場合、下記の通りキャンセル料金をいただきます。なお、返金の際の送金手数料はお客様負担とさせていただきます。

・8日前までのキャンセル・・・・・無料
・7日前~4日前 ・・・・・・・・・参加費の50%
・3日前~当日、開催後・・・・・・参加費の100%
お申込み お申込み
お問い合わせ ダイナミクス・オブ・ダイアログ(DOD)事務局

お申し込みフォーム送信後、申込み内容確認と参加費お支払いに関する自動返信メールが送られます。1時間以上たってもメールが届かないという場合は、迷惑メールフォルダに入っていたり、何らかのエラーで届いていないという可能性がございますので、大変恐れ入りますが、お問合せフォームよりお知らせください。